入れ歯・ブリッジ

HOME > 入れ歯・ブリッジ

失った歯を補う治療「入れ歯・ブリッジ」

失った歯を補う治療法として、入れ歯、ブリッジ、インプラントがあり、それぞれ見た目や咬み心地、治療期間や治療費用などが異なります。

浜松町・大門の歯医者「世界貿易センター歯科クリニック」では、いずれの治療にも対応しており、保険・自費を問わず患者様のお口にぴったり合った入れ歯・ブリッジを作製可能です。歯を失ってお困りの方は一度ご相談ください。

入れ歯とブリッジ、インプラントとの比較

インプラント 入れ歯 ブリッジ
歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯を被せます。 取りはずしのできる人工歯であり、型を採って作製します。 失った歯の両脇の歯を削り、それを支えとしてその上に連なった人工歯を被せます。
メリット
  • 見た目が自然。
  • 硬い物がしっかり咬める。
  • 違和感がまったくない。
  • 周囲の歯を傷付けたり負担をかけたりしない。
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない。
  • 治療費が比較的安価。
  • 治療期間が比較的短い。
  • あらゆる症例に適応できる。
  • 使用する素材により保険が適用される。
  • 違和感が少ない。
  • 使用する素材により保険が適用される。
デメリット
  • 自費治療であり治療費が高い。
  • 外科手術が必要になる。
  • 症例によっては治療を受けられない場合がある
  • 入れ歯とわかってしまうことがある。
  • しっかり咬めないことがある。
  • 違和感が出ることがある。
  • 留め具をかける歯などに負担がかかる。
  • 定期的に調整が必要。
  • 支えとなる両脇の歯を削らなければならない。
  • 両脇の歯に大きな負担がかかるので、将来的にその歯を失ってしまう可能性がある。

合わない入れ歯を使い続けるのはやめましょう

合わない入れ歯を使っていませんか? 合わない入れ歯を我慢して使っていると咬み合わせが乱れ、肩や背中、腰に負担がかかって全身の不調につながるリスクがあります。

口腔内は日々変化しており、作った当初はぴったり合っていても使い続けるうちに合わなくなってしまうことはあります。合わなくなった入れ歯は、調整や修理をしましょう。保険適用の範囲でも6ヶ月ごとに調整を行うことが可能です。

保険診療と自費診療の違い

入れ歯には保険適用のものと自費診療のものがあり、使用感や見た目、費用などが異なります。以下ではそれぞれの特徴をご紹介します。

保険適用の入れ歯

レジン床

歯科用プラスチックを使った入れ歯です。


メリット デメリット
  • 安価に作れる。
  • 短期間で製作可能。
  • 修理・調整が比較的簡単。
  • 違和感が出ることがある。
  • 床が厚くなるため、使用感・咬み心地が劣る。
  • 耐久性が低い。

部分入れ歯

部分的に歯が抜けてしまった場合に採用される入れ歯です。金属のクラスプ(留め具)で入れ歯を固定します。


メリット デメリット
  • 安価に作れる。
  • 作製期間が短い。
  • 金属のクラスプが目立つ。
  • 違和感が出ることがある。
  • 周りの歯に負担がかかる。
  • 咬む力が弱い。
自費適用の入れ歯

金属床

顎に当たる床の部分が金属でできている入れ歯です。使用する金属には、コバルトクロム・ゴールド・チタンなどがあります。


メリット デメリット
  • 食べ物の温度を感じやすく食事を楽しめる。
  • 丈夫で壊れにくい。
  • 耐久性が高いうえ、汚れがつきにくい。
  • 金属アレルギーの心配がある。
  • 自費診療のため、比較的高価。
  • 修理が難しい。

コーヌスクローネデンチャー

入れ歯側に外冠、歯根側に内冠を取り付け、茶筒のふたのようにはめ込んで装着するタイプの入れ歯です。


メリット デメリット
  • しっかり固定でき、咬みやすい。
  • お手入れがしやすい。
  • バネがなく見た目が自然。
  • 咬む力によって歯根に負担をかけることがある。
  • 自費診療のため、比較的高価。

マグネットデンチャー

入れ歯の内側と歯根に磁石を取り付け、磁力によって固定する入れ歯です。


メリット デメリット
  • 安定感があり、しっかり咬むことができる。
  • お手入れがしやすい。
  • 耐久性が高い。
  • バネがなく見た目が自然。
  • 金属アレルギーの心配がある。
  • 自費診療のため、比較的高価。

ロケーター

2~4本のインプラントを埋め込んで固定源にし、入れ歯にアタッチメント(接続装置)を取り付けて装着する入れ歯です。


メリット デメリット
  • 取り外し可能。
  • しっかり固定でき、咬みやすい。
  • お手入れがしやすい。
  • 見た目が自然。
  • すべての歯にインプラントを行うより安価。
  • 外科手術が必要になる。
  • 自費診療のため、比較的高価。
  • 顎の骨の状態や全身状態によっては適用できない。