痛くない虫歯治療

HOME > 痛くない虫歯治療

痛みのない虫歯治療を実現

多くの方が経験されている歯の病気「虫歯」。虫歯は歯垢の中に潜んでいる虫歯菌が酸を出し、歯を溶かすことで起こります。虫歯は初期段階では自覚症状に乏しく、痛みなどの症状が現れるころには進行しているケースがほとんどです。

虫歯は、早期発見・早期治療が大切です。早期に発見できれば、治療が簡単に済み、歯への負担も軽減されます。また、治療期間も短くなり治療費用の負担も軽く済みます。

痛みのない虫歯治療を

浜松町・大門の歯医者「世界貿易センター歯科クリニック」では、歯科治療前に行う麻酔時の痛みを極力抑え、痛みのない虫歯治療を目指しています。「歯科治療は痛い」というイメージから歯科医院へ足が遠のいている方も、安心してお越しください。当院ならリラックスして治療をお受けいただけるでしょう。

虫歯の進行段階と症状、治療法

虫歯は、初期段階では簡単な治療で済みますが、進行すると歯を削る量が増えるなど、治療により歯へのダメージが大きくなります。重度の場合には、抜歯しなければならなくなることも。もし「痛い」「しみる」といった自覚症状があるなら、お早めに当院までご相談ください。

進行段階 症状 治療方法
C0 脱灰 歯の表面にあるエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える状態です。まだ自覚症状はありません。 毎日の正しい歯磨きやフッ素塗布などにより、自然に治癒するケースがほとんど。歯を削らずに治すことができます。
C1 エナメル質の虫歯 エナメル質がさらに溶け、歯に黒ずみなどの変色が見られます。この段階でも、痛みなどの自覚症状はありません。 虫歯に冒された部分を削り、そこに歯科用プラスチックや金属を詰める治療を行います。比較的簡単な治療で済みます。
C2 象牙質の虫歯 エナメル質の下の層にある象牙質まで虫歯に冒された状態です。熱い物や冷たい物を口にすると、歯がしみ、痛みを覚えることもあります。 C1と同様、虫歯に冒された部分を削り、そこに歯科用プラスチックや金属を詰める治療を行います。
C3 神経の虫歯 虫歯が歯の神経まで達している状態です。何もしていなくてもズキズキとした激しい痛みを感じます。 虫歯菌に冒された神経や血管を除去し、洗浄・消毒後、薬剤を充填する根管治療を行います。最後にクラウンと呼ばれる被せ物を装着して、歯の機能を回復させます。
C4 歯の根の虫歯 歯ぐきより上に見える歯質のほとんどが溶け、歯の根まで虫歯が進行した状態です。歯の神経はすでに死んでいるため痛みを感じることはありませんが、放置すると歯の根に膿がたまり、再び激しく痛みます。 根管治療を行いますが、ケースによっては抜歯しなくてはいけないこともあります。歯を失った部分は、インプラント入れ歯で補います。
無痛治療のポイント

痛みを伴う治療を行う前に麻酔注射をしますが、注射時の痛みが患者様に不快感を与えてしまうことがよくあります。当院では、治療前に表面麻酔を治療箇所の歯ぐきに塗布。電動の注射器でゆっくりと麻酔薬を注射しています。これにより、針を刺す際の痛み、麻酔薬注入時の痛みを和らげることができるのです。

当院の無痛治療なら、「歯科治療は痛い」と思われている方にも安心して治療をお受けいただけるでしょう。

歯を残す根管治療

根管治療とは、虫歯が重度にまで進行している場合に行う治療です。「根管(歯の根)」という細い管の内部にある神経や血管を除去し、内部を洗浄・消毒。隙間なく薬剤を充填して、土台と被せ物で補います。根管内部は細く複雑な構造であるため難しい治療になりますが、根管治療を行うことで、重度の虫歯でも抜歯せずに残すことができます。

STEP1 STEP2 STEP3
虫歯に冒された根管内の神経・血管をキレイに除去します。 汚染された根管内をキレイに洗浄し、根管の長さを専用の器具で測定します。 徹底的に根管内を消毒して、菌が根管内に残らないようにします。
STEP4 STEP5 STEP6
根管内に隙間ができないよう薬剤を緊密に充填し、密封します。 土台となるコアを根管内に入れます。 上から被せ物を装着します。これで治療完了です。